ギター基礎講座・Heavy Metal・DTM情報も

ランディめたる店長のギターと音楽な毎日、あなたの知らないギターと音楽の新事実が見つかるかも!?

ヘッダーアドセンス




ギターのピックアップ交換!セイモアダンカン!SH6-n SH6-b

      2019/08/18

今回のブログは少しマニアックになりそうな予感....

あまりギターに興味のない方はスルーしてください。

かなり深入りした内容となっております。




はい!どうもお久ぶりです!

最近はブログ更新よりもギター改造に没頭していました。

なぜ改造する必要があったかというと.....

簡単に言うと音にこだわっていたからです!




実は今とあるバンドのギターのカバーをしていまして

どうしてもそのバンドと同じギターの音が出したい!

これが実は簡単なようで、難しい!




あなたがもしも、これからギターを始めるとすると

必ずぶち当たる問題でもあります。





ギターの音を変える要素といえば沢山あります。



①ギター本体




②ギターについているピックアップの特性(取り付け方含む)




③ギターアンプ本体の性能

        +

   トーンコントロール(音量、ハイ、ミドル、ロウ、ゲインなどなど)




④エフェクター




ピッキングニュアンス(演奏者の弾き方+ピック)




⑥プラグインの機材+PCのシステム




収音マイクとマイキング(録音する場合)




⑧シールドケーブル(半田つけ方などの配線含む)

とこのように書き出すと、さらにまだまだ出てきます。

あなたが普段CDYouTubeなどで普段聴いている

バンドのギター音源という物は

このように様々な部品が重なりあってできています。




さらに最後にはプロのエンジニアによって

ミックスダウン&マスタリングされ

音の調整がされた物がCD

YouTubeの音源となっています。

なので原曲に限りなく近いサウンドを

求めるという事は、実はとても難しい事です。




さて前置きが長くなってしましましたが

今回私が試した、ギターの音を変える方法は




②ギターについているピックアップの交換

これを行ってみました。

これが元々ついていたピックアップです。

これは Symour Duncan というメーカーのSH-8b インベーダー

というピックアップです。




こちらのピックアップはSymour Duncanのピックアップの中でも

最強のヘビーサウンドを出すと言われている

まさにメタル向きのピックアップです。




ただ残念な事に、私の出したい音では

あまりにパワーがありすぎでした。。。

という訳で!

今回はこちらに交換!

Symour Duncan SH-6n にしてみる事にしました。

今回私はアマゾンで購入しました。

アマゾンはやはり送料無料で安い..いつもお世話になってます!


SeymourDuncan PU セイモアダンカン ピックアップ SH-6n BK-Duncan Distortion 【国内正規品】

このSH-6n の  というアルファベットは

ネック側のピックアップという意味です。




ちなみに

ブリッジ側のピックアップは  という

アルファベットで表記されています。

!!買い間違えにご注意ください!!




今回はあえて、このネック側のピックアップを

ブリッジ側に取り付けます。

諸事情を話すといろいろ長くなるので、一言で説明しますと

中音域がキーポイントです。




さらに今回は、ネック側についている、SH-8n インベーダーも外して

2ハムピックアップから

SH-6nのみ の1ハムピックアップにします。

※ハムとはハムバッカーの略です。




なぜ1ハムにするのか??

それは今回使っているこのギターでは、

ネック側のピックアップの音を使う事がないので外します。

これは交換途中の画像です。

2ハムから1ハムになるので、不要な

トーンコントーロール&切り替えスイッチを外します。

配線が実にスッキリしました!!

これで取り付け完了です。

実にシンプル!



ギターも軽くなりました!

ピックアップは大した大きさはありませんが

磁石とコイルの塊なので

意外と重いんですよね。

さて気になるところが一つ....

そうです、外したネック側のピックアップの場所に

ポッカリ穴が開いてしまいました。

カッコ悪い.......

と、いう訳で

アルミの板でカバーを制作しました!!

こちらが切り出したアルミ板です。

元々あった穴位置を慎重に計測し穴を開けました。

では早速取り付け!

あれ!!??

なんかダサいかな!?

という訳でやり直し.....

不要な部分をさらにカットして

艶消し黒で塗装しました。

おっこれは既製品っぽいぞ!!

やっと完成しました。

では肝心の音質はどうなったのでしょう!?




感想ですが、やはり思っていた通りでした。

ピックアップの特性上、SH-8bよりも

高音域と中音域が分離し、メリハリがでました。

出すぎていたパワーもちょうどいい感じ。




また

高音域のピッキングハーモニクスも

とてもクリアに出るようになりました。

また1ハムにした事によって

不要なフロントピックアップのノイズも無くなり

全体的に音にメリハリが出ました。

ちなみに!

・フロントピックアップの穴にカバーを付けた状態と

・カバーをつけていない状態

も聴き比べてみました。

これはあくまで私の感想ですが




・カバーをつけていない状態

(全体的にジャキジャキした感じ、鋭い感じ?)




・フロントピックアップの穴にカバーを付けた状態

(つけていない時より、中音域が少し出てバランスが取れている感じ?)




※あくまで個人的な感想ですので

ご参考までに。




では最後になりましたが

今回交換したピックアップ ダンカン SH-6n はアマゾンで安く購入できます。

いろいろなサイトをうろうろしてみましたが、やはりアマゾンが安い.....

最近はサウンドハウスさんとアマゾンさんに

良くお世話になっています。参考までにリンクを貼らせていただきます!


SeymourDuncan PU セイモアダンカン ピックアップ SH-6n BK-Duncan Distortion 【国内正規品】

ついでにSh-6b ブリッジ側のピックアップも紹介!

このピックアップもいい音出してます!


SeymourDuncan PU セイモアダンカン ピックアップ SH-6b Duncan Distortion BK【国内正規品】

<スポンサーリンク>








 

サウンドハウス

 - ピックアップ関連

error: Content is protected !!